効果的な使い方とは

歯磨きの代わりに使う場合

マウスウオッシュや洗口液には、商品名の他に使用量も記載されています。まずはこの記載された量をしっかりと守りましょう。歯磨きできないからといって量を増やしても効果を増やすことができません。
マウスウオッシュや洗口液の成分が浸透するよう、20秒から30秒はお口の中に留めておくことです。またすすいだ後に水ですすぐことは避けましょう。せっかくのマウスウオッシュや洗口液の成分が水で洗い流されてしまいます。
とくにマウスウオッシュや洗口液にはフッ素が含まれている場合もあります。フッ素は水に弱いため、すすいだ後に水を飲むだけでも剥がれてしまう可能性があります。
マウスウオッシュや洗口液を使った後は、なるべく飲食を避けること。できれば30分程度は浸透させる時間を設けましょう。

ブラッシング後に使用する場合

ブラッシングの後にマウスウオッシュや洗口液を使う場合には、ブラッシングでキレイに汚れを除去することが大切。きれいな歯や歯茎にマウスウオッシュや洗口液が浸透しやすくなります。ブラッシングを行った後はすぐにマウスウオッシュや洗口液を使用してください。お口の中の細菌が繁殖しづらい環境を作ることができるため、より効果的にマウスウオッシュや洗口液の成分を浸透させることができます。
効果があるからと頻繁にマウスウオッシュや洗口液を使うのも危険です。お口の中には虫歯の原因となる菌の他に常在菌と呼ばれるバランスを保つ菌も存在しています。むやみやたらと菌を制御してしまうとバランスが崩れてお口の健康を害し、場合によっては誤嚥性肺炎の危険も生じてしまいます。


この記事をシェアする